窓際ワーカー ジャンクPC日記(Fujitu Lifebook A573⑦)

CPU & 液晶 移植

こちらがメインPCの Fujitu Lifebook A572 になります。

第3世代 Core i5 搭載のPCです。
多分2年位前に液晶割れジャンクで格安にて購入、
SSD換装&メモリ増設して使っているPCです。

この当時(第3世代の頃)のビジネスモデルは
Wi Fi 非搭載の機種も珍しくなく、
A572もWi Fi 非搭載の機種でしたので
USB接続のWi Fi子機を購入し使用していました。
しばらく何事もなく使用していたのですが
最近どうも調子が良くないのです。
このPC以外にも数台PCを所有しているのですが
このPCのみ、ネット接続に不具合が発生します。
通常、Wi Fi子機を抜き差しする事でほぼ改善されますが
毎回これだとちょっと面倒。おまけに何をしてもダメな時もあります。

そこで思いついた事が、Fujitu Lihebook A573の存在です。
こちらのPCも液晶割れジャンクを格安で購入後
液晶を交換して使用していました。
交換した液晶も、割れこそありませんが
『汚れあり』の格安ジャンク品を購入。
電源が入ってしまえばあまり目立たない汚れであった為
そのまま使用していました。

こちらは 第3世代 Core i3 搭載、
SSD換装&メモリ増設のPCです。
ネット閲覧が中心の用途でそれ以外の事には
あまり使用していない状態です。
ちなみにネット接続は良好な状態です。
このA573にA572の CPU&液晶を移植する事にしました。

CPUグリスを切らしていたので
近く(とは言っても車で20分)のPCショップで
『ThermalGrizzly』(俗に言う熊グリス)を購入。
思った程高くなく¥800でお釣りがきました。

先ずはA572からCPU&液晶を外します。

そしてA573からもCPUを外します。
こちらの機種はキーボードや基盤も外さないと
CPUに辿り着けないタイプなのでちょっと面倒です。

こちらは共に第3世代の Core i5 3320Mと
Core i3 3120M の2ショットです。

互いにCPUを換装します。
こちらはA573です。Core i5 3320M しっかり認識されています。

A572も Core i3に換装してきちんと使える状態にしておきます。
MicroSoft Office がA572しか入っていない為です。
多分今後はほぼ Office専用機になると思われます。
(近頃はOfficeもあまり使わないのですが・・)

CPUの移植も無事終了したので
液晶モニターも交換していきます。

液晶のマウンター形状が違うので
一旦マウンターを外して液晶のみを交換します。

無事 CPU&液晶 移植完了しました。
当然ですがネット接続は良好な状態になりました。

使い勝手は特に変わりませんがキーボードが
白なのでデスク周りが明るくなったでしょ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA