窓際ワーカー ジャンクPC日記(apple iPhone 5c①)

apple iPhone 5c 購入


こちらジャンクPC日記の写真撮影に使用しているWindowsPhone『Madosma Q501』です。5~6年程前にWindowsPhoneがブームになった頃、マウスコンピューターから発売されたものです。中古で¥10,000位で購入した記憶があります。その後、WindowsPhoneは鳴かず飛ばずの状態で2019年12月にはサポートも終了となりました。当時も電話としては利用しておらず、格安SIMをデータ通信のみで利用。ガラケーと2台持ちでした。暫くして格安SIM通話放題プランが各MVNOからスタート。2台持ちの必要性がなくなったのでandroidスマホ1台に統合しWindowsPhoneはタンスの肥やしとなりました。格安SIM通話放題は各MVNO指定の通話アプリをインストールする必要がありWindowsPhoneはこれが充実していなかった事、そしてその他アプリの選択肢が少なかった事で利用を断念しました。

日常使いのスマートフォンのストレージが16GBと少なく、残りストレージが僅かであった為、写真撮影用にタンスの肥やしと化していたWindowsPhoneを使い始め、そのまま今に至っています。途中、安い中古デジカメを購入し利用を試みましたが、モニターが大きい事や操作が簡単な事を理由にこのWindowsPhoneを使い続けていました。カメラ性能は特筆すべき事は何もなく画素数も800万画素と低スペック。しかし特に写真にこだわっている訳ではないのでこれで十分かと思いながら使用していました。

しかし時間の経過と共にバックパネルの塗装は剥げボロボロに。


そして100均で購入した三脚に装着すると頭でっかちでちょっと不安定。最新の大画面スマホじゃ絶対無理。三脚を別の物に交換すれば良い話ですが何故かスマホをもっと小さい物にする事を考えます。スマホではないですが小さいモバイル端末の代表といえば『iPod touch』です。あの小さくて薄いヤツです。早速、ヤフオクで探します。候補として第6世代。第6世代ジャンクもしくは第5世代は結構リーズナブルで¥1,000前後~。第6世代正常可動品はそこそこの価格です。ジャンクを購入して液晶やバッテリーを交換するのも楽しそうです。いろいろ悩んでいるとこんな物を見つけてしまいました。


『iPhone 5c』価格な何と¥1,000です。説明文を読むとどうやら正常可動品、バッテリーも2年程前に交換済との事。iPod touchに比べ縦横共に1mm程大きいだけですが厚みは約1.5倍、そして重量も1.5倍。『小さくて薄いヤツ』ではなく『小さくてそこそこ厚いヤツ』です。購入に対する懸念材料ですが iPhoneはSIMがないとアクティベーション出来ない時代があった様です。実際アクティベーション専用SIMが販売されています。落札するにあたって一応確認したところ、近頃はSIMがなくてもアクティベーション出来るとの情報が多数あったので多少不安はありましたがとりあえず入札しておきます。


ライバルも現れず落札となりました。送料込みで¥1,210です。安!!


2日程で到着です。液晶は綺麗です。割れ、浮き等はありません。


背面もまあまあ綺麗です。経年なりといった感じです。


上部にやや大きい、打痕の様なキズがありました。気にならないのでOKです。


おまけで保護フィルムがついていました。出品者様ありがとうございます。取り敢えず購入の経緯と実機外観レビューです。
現在2021年、2013年発売の『iPhone 5c』購入しました。OSのアップデートも既に止まっているようです。どんな事に使えるのか?これから試していこうと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA