窓際ワーカー ジャンクPC日記(CloudReady Bookの薦め①)

CloudReady Book を作ろう

近頃、Chromebook が注目を浴びています。
Chrome OS 大好きな私にとってとても嬉しい事です。
3年程前にブレイクしかけた事がありましたが結局イマイチでした。
ところが北米市場での大ヒットにより
再び日本市場でも注目を浴びる事となりました。
教育機関での採用も始まった様です。

何と 地上波でのCMが始まりました。
これで一般家庭への普及率がグンと高まります。

こんな感じの TV CM です。

Windows を揶揄した内容ですが当然といえば当然。

そんな訳で『さぁ、Chromebook』です。

 

こちら、私が普段愛用しているChromebook 。
Toshiba Chromebook Cb30 です。

かなり古い機種になります。昨年夏頃に
自動更新ポリシー期限を迎えましたが
特に問題なく使えています。
バッテリー持ちも良く、普段使いにはとても便利です。
難点としてはキーストロークが浅く、打鍵感が悪い事、
そして USキーボードな事です。
好みの問題なので仕方ないですが
USキーボードは かな/英字の切替が面倒で苦手です。
主な用途はキーボードをあまり使用しなくて済む
寝床PC に使っています。

 

こちらは Lenovo Thinkpad X201i に
『Cloudready』をインストールした
元 Windows PC です。

『Cloudready』とはChrome OS のオープンソース版である
Chromium OS の一種で、Never Ware社が開発、提供してくれていて
誰もが無料で利用する事が可能な OS です。

60GB SSD & 4GBメモリを装着して
『Cloudready』をインストールしています。
非常に快適に使用しています。
打鍵感の良い事、日本語キーボードである事で
文字入力作業に良く使用しています。

 

こちらは長期に渡って眠っていた古い HP Mini 210-1000
320GB HDD & 2GBメモリを装着して
最近『Cloudready book』になって復活しました。

CPU は Atom ですしストレージも HDD なので
当然遅いです。今時の水準と比べたらビックリする位!!
使用用途は主に『浪漫?』です。

という訳で自分好みの機種で
なんちゃってChromebook?
『Cloueready book』を作ってみてはいかがですか?
作り方は簡単です。まずは必要な物を3つ。
・『Cloudready』をインストールするPC
(古い物でOKです。ヤフオクなどでは数千円で入手可能)
・8GB 以上の USBメモリ
・ネットに繋がったPC

ネットに繋がったPCで『Cloudready』をダウンロード。

Cloudready ダウンロードはこちらです。
https://www.neverware.com/freedownload

インストールメディア作成までちゃんと教えてくれます。

インストールする PC の BIOS を開きます。
メーカーによってまちまちですが概ね起動の瞬間に
『F2』『F10』『Enter』のどれかを連打すれば
BIOS は開きます。もしダメな場合は
メーカ公式サイトで調べる事が出来ます。

Bootの優先順位をUSBメモリを最優先に。
この場合 『USB HDD』が USBメモリになります。

ここまで出来れば、先程作成したUSBメモリを
PC本体に挿して電源を入れるだけ。
後は『Cloudready』が教えてくれます。

『Cloudready book』は通常のChromebook とは
少しだけ違うところがあります。
Chlome アプリや拡張機能は使えますが
Android アプリは使えません。
あと、アップデートは自動ではありません。
自分で行って下さい。といってもワンクリックです。簡単です。

さあ、お手軽、簡単、自分好みの
『Cloudready book』を作成しましょう!