窓際ワーカー ジャンクPC日記(Sony Vaio 41218N④)

分解・清掃 まだまだ続きます

基盤の取り外しに掛かります。
該当すると思われるビスを外しますがなかなか外れません。
『何で?』良く見るとケーブル類が粘着テープで
固定されています。

しかも、あちらこちら粘着テープで固定されています。
『これ、貼りすぎじゃねー!』
おまけに結構強粘着! コネクター壊れそう!

粘着テープ剥がしたらハンダ付けの部分もありました。
これじゃあケーブル外せないですよ~。
開けない事が前提なのはもっともですが
整備性悪いな~と感じました!

再利用すると思われる物、剥がす必要がない物は残しましたが
この2~3倍位の数があの小さな基盤に貼られていました。

CPUファンが筐体に両面テープで固定されていた為
最後まで難航しましたがようやく基盤を外すことが出来ました。
多分どこも壊れていないと思われます。多分です。

一旦、ボタン電池をはずしてCMOSクリアします。

グリスを新しい物に替えます。そして仮組します。
ワクワクしながら『スイッチOn』しますが通電しません。
基盤に異常は見当たらないのですが・・・
キーボード側から伸びているケーブルの差し方が甘かった様です。
ケーブル長がギリギリなのでうまく差さっていなかった為です。
しかしその事に気付く迄、3回程分解・組立を繰り返してしまいました。
3回目の分解・組立は最初の1/3程度の時間で
出来る様になっていました。

という訳でようやく『電源On』です。ヤッター!

電源ランプに連動する電源コネクター上の
パイロットランプも電源ランプと同じく
グリーンに光ってカッコ良いです。

バッテリーのパイロットランプも点灯しています。
これで分解・清掃 終了かと思ったのですが・・・

待てど暮らせどモニターに何も現れません。『えっ』???

こちらは分解前に一応電源確認した時の写真です。
『OS なし』の警告が映っているので
モニター不良ではないと思われます。何か別の理由です。
という訳でまだまだ闘いは終わりません!!